MENU

最近どうも姑のことが嫌で仕方ない。理由は色々あるけれど、一度嫌と思うとあれもこれもが目について、ボソボソと愚痴を言う日々に自分でもうんざりしてきた。

 

ある親しい友人から聞いた話、友人の知人に仲の悪い同居舅がいるそうな。ある時、昼間に帰宅し再び出かけようと玄関に行ってみると、自分の靴だけ乱れていたとのこと。

 

キチンと脱いだはずだったので、これは舅の嫌がらせに違いないと腹が立ち、仕返しに舅の靴も同じようにした、という。その話を聞いて友人は、知人の事を性格が悪い人だと思ったとのこと。

 

しかし、私はその知人に親近感を持ってしまった。ただ私なら、後で気づかれても面倒なので、その後元の状態に戻すと思う、証拠隠滅で。

 

実際に私も姑のスリッパや靴を踏んずけた後キレイに並べ、何喰わぬ顔で日々を過ごしている。どちらかと言えば、私の方が嫌な性格だと思われるかも。

 

日々のうっぷんを晴らす為には、多少の性格の悪さも必要だと思いたい。